FC2ブログ
11≪ 2014/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-12-16 (Tue)
12月も半分が過ぎ、本格的に寒くなってまいりましたね。
もうすぐ今年も終わり…
毎年この時期になるとこの一年どんな年だったかを振り返りますが、今年はバタバタしていた一年なのであまり思い出せません(^_^;)
ですが奴隷としての一年だけはよく覚えています。
今年は見える面も見えない面も、振り返ると成長が感じられる年でした。
来年はもっと成長できるように頑張らないと(*^_^*)



さて、急な寒波がやってきた12月頭、ご主人様がレナを生まれて初めてのラブホテルへ連れて行ってくださいました。
夕方、お仕事終わりのご主人様と待ち合わせしてホテルに行くまでに先にお食事へ。
お好み焼きを食べに行ったのですが、大好きなはずのお好み焼きの味がわからないほど緊張しておりました。
それほど食べていないのに明らかに水を飲む量がおかしいし、コップに注ぐのも手が震えてこぼすし…

「お前…また緊張してるやろ(笑)」

「しますよぉ…初めてなんですもん!笑」

とご主人様と笑いながら食事を済ませ、いざホテルへと向かいます。
ご主人様の後についてホテルが建ち並ぶ道へ入るのですが、心臓がバクバクで寒波だというのに熱かったです。
ドアから入るとすぐにパネルがあり
「どれにする?」
と聞かれたのですがどれが何なのかよくわからず、選ぶのをお任せしてレナは待ちます。
そしてエレベーターに乗るとご主人様が

「他に人いたのにはじめてにしては意外と動じひんなぁ」

その時は笑ってましたが、正直に言うと緊張しすぎて思考停止。他のお客さんが入ってきたことはわかったのですが、立ってることで精一杯で何も考えられませんでした(^◇^;)

お部屋に入るとまず目に入ったのが大きなベッド。

すっごーい!おっきい!ふかふかーっ!
と心の中で大はしゃぎ(笑)

他にも見たことないものがいっぱいでキョロキョロ…
あちこち開けて見たくなりますが、ご主人様のお洋服をハンガーにかけたりして気持ちを落ち着かせます。
少しゆっくりした後、ベッドに横になったご主人様に呼ばれてご奉仕の時間…

挨拶の意を込めて足先にキスをし、指を丁寧に舐めていきます。
お仕事終わりのご主人様の足(*^_^*)
とルンルンで舐めていると

「あれ、着たいんじゃないの?」

そうだった!と急いでお着替えに。
実は中学の時に着ていたセーラー服を着る約束をしていたのです。
久しぶりに袖を通すので、スカーフの結び方がネクタイとごっちゃになり少し時間がかかります。
ストッキングの上から黒のハイソックスを履いてご主人様の元へ…
照れるレナにご主人様が

「テレビ点けたら何が映るか知ってる?」

??なレナの目に飛び込んできたのはエッチな映像でした。
驚きましたが順応が早いレナはすぐにご奉仕。
テレビではエッチな声や音がしていて勉強になりますが、レナはご主人様の声が聞きたい!こちらを見ていただきたい!とちょっぴり嫉妬しました。
機械に嫉妬するって…(^^;)笑

などと思っていると、ご主人様がレナの頭を持ってググッと喉までおちんちんを押し込んでくださいます。
苦しくてもどしそうになる感覚に耐えながら、歯を立てないように目一杯口を開けて涙を浮かべるレナ。
まるで物のように髪の毛を掴み喉を突かれる度にゾクゾクして、苦しいのになぜかとても興奮してしまいます。
酸素を求めて喘ぐレナのことなど関係なくお口を使っていただけるのは嬉しいです。

おちんちんが抜かれるとローションのようにトロトロとした唾液が溢れて、レナの唇とご主人様の間に糸が張ったような繋がりができます。
涙と唾液でぐちゃぐちゃなレナはその糸が切れないうちにまたおちんちんを口に含み、流れる唾液をぢゅるぢゅると音を立てて吸いとります。

それからご主人様にお願いしてお尻も舐めさせていただきました。
おちんちんは手でしながら、お尻の穴に舌を這わせてご奉仕。
ご主人様が感じてくださると、もっともっと気持ちよくなっていただきたくて舌を入れたりしてしまいます(*^_^*)

美味しい好き好きもっとしたい

こんなことを思いながらご奉仕に夢中になるので、変態なこと以外何も考えられなくなります。


ここでお風呂にお湯をはりに…
浴槽をシャワーで流していると、ご主人様が後ろからレナのスカートを捲って

「このストッキングはどうしてほしいの?」

レナはすぐに

「ご主人様お願いします。思いっきり破いてください…」

とねだります。

足をぐいっと開かされストッキングが一気に破かれると、触れられたわけでもないのに興奮のあまり声が。
セーラー服を着たままストッキングを破かれいつもより興奮しているレナのオマンコはぐっしょぐしょです。
ご主人様はその変態なオマンコをおちんちんで突いてくださいました。

お風呂場にはグチュグチュというエッチな音とレナの感じる声が響き、より一層体を熱くさせます。

「レナ、このままお前の中におしっこしてあげようか。」

「はいっ…お願いします肉便器としてレナのオマンコ使ってください…」

ストッキングが敗れている以外はきちんと制服だったのですが、そんなこと関係なく懇願すると

「我慢できひんみたいやな」

そう言って奥まで深く突かれました。
「~~~~~っ!」
と気持ちよすぎて声が出ないレナのオマンコに注がれるおしっこ…
あったかくてオマンコがいっぱいになっていくのがわかります。
体に触れられただけでイッてしまうのではないか、というくらいの快感が体に走り足もガクガク…

おちんちんが抜かれるとレナのオマンコからおしっこが溢れ出て来て、その感覚に体を震わせながらご主人様のおちんちんを綺麗にします。
おしっこの味…美味しい。
じんじんする頭で綺麗に舐めとったらお風呂にお湯をはり、またお部屋に戻ります。


つづく


初めてバスローブらしきものを着ました





ブログランキング!
よろしければポチッとしてくださいm(_ _)m♪
↓↓↓↓


くる天 人気ブログランキング



アダルトブログランキングへ


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

* Category : ご主人様とのお時間
* Comment : (9) * Trackback : (1) * |

* by 山P
レナさん、こんにちは♪読んでるだけでも興奮しますね♪俺だったらレナさんの小便を口移しで交換し合いっこしたいですね♪他に俺の小便と精液のブレンドジュースをレナさんに飲ませたい♪(///ω///)♪

* by 莉紗
レナさん初めまして*
私も大好きなご主人様の性奴隷として飼って頂いているのですが
共感する部分がすっごく多くて一気読みしてしまいました´`*

特にご奉仕の描写なんてまるで私が書いたみたいです。笑
洗ってないご主人様の足、おちんちん、お尻の濃い匂い嗅いだら
もう頭の中ぐちゃぐちゃになって何時間でもご奉仕したくなっちゃいますよね(*´・ω・。)

Re: 山Pさんへ * by レナ
コメントありがとうございます

そう言っていただけると書きがいがあります(^-^)笑

Re: 莉紗さんへ * by レナ
こんにちは
コメントありがとうございます(*^^*)

共感していただけて嬉しいです!
大好きなご主人様の匂いを嗅ぐとずっとずっとご奉仕したくなりますよね。
我慢できなくなってしまいます(笑)

女性からのコメントは久しぶりなのでとても嬉しいです。
よろしければまたいらしてくださいね♪

ラブホテル * by グレース
初めてなのですか、信じ難いです。
いつもは普通のホテル利用ということでしょうか、
ラブホの方が広いし、
色んなものがあるし、
楽しいでしょう。

Re: グレースさんへ * by レナ
コメント、トラックバックありがとうございます

いつもは一人暮らしされているご主人様のお宅なので、今回初めてのホテルでした。

見たことのないものがたくさんありとても楽しかったです(^-^)

中に… * by HADES
レナさんご無沙汰しておりました。

中にオシッコ…。
堪らなかったでしょうね。そんな変態行為に興奮してしまう身体にしていただいたという証拠ですね。
つづきを楽しみにしたいます。

あけめしておめでとうございます。 * by HADES
まだブログ更新されていないようですので、こちらに挨拶させていただきます。

今年も素敵なそしてエロエロの様子を晒してくださいね。
宜しくお願いいたします。

Re: HADESさんへ * by レナ
お返事遅れてしまいすみません(><)

いつもコメント嬉しいです♪
今年もよろしくお願いします(^-^)/

個別記事の管理2014-12-08 (Mon)

お部屋に帰ってのんびりしていると1日の疲れが押し寄せてきて、少し横になりたくなったのでお布団へ
ご主人様が寝転がっておられるお隣の布団でゴロンとしようとすると、
「あ、レナ。そっち俺が寝る布団~」

「すみません、では座敷の方におりますね」

ん?ではなぜそちらに?笑
と思いながら移動しようとすると

「こっち来たら?」

…Σ(・ω・ノ)ノえっ!
いいの?きゃーーーっ♪
と、ルンルンで寝室に戻ります(笑)
しかし戻ったはいいけれどどうすればいいのかわからず、足元にちょこんと座るレナ。

少ししたら腰が痛くなってきたので恐る恐る寝転びますが、特に何も言われず安心ε-(´∀`*)ホッ

膝をたてて仰向けにゴロンとしていると、ご主人様の足がレナの足をなでなで…
驚きながら
んー、足癖?
なんて思っていたら、レナの足の間にズボッ!そのまま一気に膝を押して開かされ不意を突かれたレナは
「うひょあぁ!?」と奇声を発してしまいます(笑)
優しく絡めてくださるご主人様の足にスリスリしながらじゃれる時間がとても楽しかったです

途中、つぅーーーと内ももを撫でられ思わず「んんっ…」と声が漏れてしまうと、ご主人様はいつものちょびっと意地悪な顔をしてまた太ももをなぞります。
「あっ…ん~~~、、!?」
耐えているとご主人様の足がオマンコをぐりぐり…
レナの体は一気に熱くなり、声も抑えられません。

「レナ、足でもいいの?笑」
と笑いながら言われた瞬間とてもゾクゾクして、足で弄っていただいて興奮してるのだとわかりました。

これは興奮しすぎてまずいと思い、ころんと横向きに体制を変えると目の前にご主人様が…
しかもズレて寝転んでいたのでレナの顔はちょうどパンツの前。
思わず顔をうずめてしまいます。
はっ!として離れると
「いいから触ってなさい。」
と言っていただけました。

ご主人様にぴっとりくっつきながら手でおちんちんを触ったりパンツの上から軽く咥えたり、疲れなど忘れて夢中になります。
だけどやっぱり直に味わいたい!とご奉仕へ。
お尻までたくさんご奉仕できてとても嬉しかったです。

夢中でご奉仕していると
「レナ、座りなさい」とご主人様。
着ていた浴衣を荒々しく剥がれ、今から何をするのか想像して震えます。
想像通り足を縛り抱えられご主人様の手には電マ。
夕方と一緒なのにその時よりも更に興奮して、当てられる前から体がビクビク

腫れたオマンコに電マが当てられると痛みと快感が一気に押し寄せてきて叫んでしまいます。
思わず足を閉じると太ももをパシッっと叩かれ再び足を開くレナ。
快感に腰を浮かせ体を反らすと、ご主人様がレナの乳首を口に含んで弄ってくださいました。
驚いたのと腫れて敏感になっていたのとで目を見開き「あぁぁぁっ」と声あげ、ご主人様に見ていただきながら激しくイキます。

そしてまた何度も何度もイキ狂うのですが、朦朧としているせいか夕方よりも変態です。
レナは余裕がなくなったり興奮したり感じすぎると思ったことをそのまま言ってしまうので、エッチな言葉が止まりません。

その後どれだけ時間が経ったかわかりませんが電マがオマンコから離れた後、寝転んだままぐったり動けないレナをご主人様が抱き抱えて起こしてくださいました。

「手でしなさい」
と言われ抱えられたままご主人様のおちんちんに手を伸ばし、息も整わないままご奉仕します。
手を動かす度にイキすぎて熱くなったオマンコにおちんちんがあたり気持ちいい…
と気づけば自ら腰を動かしご主人様のおちんちんでオナニーをしていました。

「オナニーしてるのか?変態。なんでこんな濡れてるの、レナ?」

「うぅ…ごめんなさいぃ」

「何がごめんなさいなの?」

「おまんこぐしょぐしょにしておちんちんでオナニーするような子でごめんなさいっ…」

「ん。じゃあもっとちゃんとオナニーして見せてみなさい」

腰に回されていた腕で抱き寄せて、より気持ちよくなれるようにしてくださいました。
ご主人様に見ていただきながら手と腰を動かしてオナニーを続けるレナ。

「あぁぁ…止まらないよぉ…おちんぽでオナニー気持ちいいですっ…」

レナはなぜか興奮しすぎると普段の関西弁がとび、おちんぽと言い方も変わります。
こうなるとエッチなこと以外何も考えられなくなるただの変態…
敏感になっていたレナはすぐにイッてしまいました。

ご主人様にしがみついて息を整えていると、イッたばかりのオマンコにおちんちんが入ってきて体が跳ねます。
ご主人様はそのままレナの首を締めて
「お前さぁ、いつからそんなに変態になったの?」
と言ってくださいました。
苦しくて声が出ないので目を開けて見つめることで返事をします。

するとご主人様の手が首から離れてレナの腰に…
急に、パンッ!という音と共にお尻に痛みが走りました。
ビリビリとした痛みが引かないうちに何度も上塗りするように強く打たれ、レナのお尻は熱を持って真っ赤。
痛い、痛い、嬉しい、気持ちいい、
と頭の中でいろんな感情が駆け巡りレナを混乱させます。


ええっと…続きを書きたいところなのですが、実はここから先の記憶が殆どありません。
お風呂に行ってご主人様が肉便器として使ってくださった。
とか
「レナのオマンコを性処理道具にしてください」と懇願して最後は中に出していただいた。
という部分的な記憶はあるのですが、他は全く覚えておりません(‥;)

それどころか終わってからどうやって寝たのかも覚えておらず気がついたら朝でした。
しかもお風呂に入った形跡はあるのに、起きたら浴衣だけでなく下着すらつけておらず
「えっ!?Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)」
と朝から大混乱(^^;)
あんなに驚いたのは久しぶりです(笑)


ぐっすり熟睡していたためレナが起きたのは5時半、ご主人様はまだお休みになっておられたので1人朝風呂へ。
鏡の前に立つと昨晩の跡がたくさん…
お尻や縛っていただいた足に痣がついています。
太ももや背中、腕など体中に全く記憶のない引っかき傷もついていて、いつの傷か想像しながら鏡の中のレナを見ます。
うわぁ…顔がすっごいニヤけてる…(´・ω・`;)
しゃんとしなきゃ!と温泉へ。

体が痛む度に幸せを感じながら温泉につかっていると、入ってきたおばちゃんに話しかけられて楽しくお喋り。
「いやぁ、若いし綺麗やわぁ~お肌もハリがあるし~」
と数人に体をペタペタされて少し焦りましたが、楽しく会話して身も心もほっこりでした。

お部屋に帰って二度寝。幸せです(笑)
次に目が覚めるとご主人様も起きていらして、2人で朝食へ行きました。
それから最後の温泉を満喫しチェックアウト。
とっても楽しみにしていた二日間はあっという間に終わってしまいました。
ほんとなんでこんなに早いんだろう(^^;)
帰り、ご主人様が電車の揺れでレナにもたれかかって寝ていらして、それがたまらなくキュンとしました(o´艸`)なんという役得!笑

今回はそれぞれの家に帰るのでご主人様にお礼を伝え自宅方面の電車に乗った瞬間、一気に疲れと体の痛みが押し寄せてきました。
ですがレナはその痛みも愛おしくてたまらないのです。
帰宅後数日間、痛む体にご主人様との時間を思い出す毎日でした。


とっても長くなってしまいましたが、これで温泉旅行編は終わりです。
読んでくださりありがとうございました。
いつかまた、もう一度旅行へ行きたいなぁ~なんて思える素敵な時間を過ごすことができました(*^_^*)


2014.12.08

誰もいなかった脱衣所の鏡で




ブログランキング!
よろしければポチッとしてくださいm(_ _)m♪
↓↓↓↓


くる天 人気ブログランキング



アダルトブログランキングへ

* Category : ご主人様とのお時間
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

* by 山P
レナさん、こんにちは♪こんな真っ昼間から仕事そっちのけで興奮してていいのかな♪(o^O^o)俺はレナさんのパンティーは口で脱がしてパンティー、オマンコ両方ペロペロ舐めてから愛液たっぷり出てる時点で一気に責め立てますよ♪(///ω///)♪

Re: 山Pさんへ * by レナ
いつもありがとうございます

そういうのは経験ないのでなんだか想像できません(笑)
きっと感じすぎてわけわかんなくなりますね(^^)

* by グレース
いや~、仲がよろしくてなりよりです
でもそんな中にも
やってみたいプレーが目白押しです
参考になります

Re: グレースさんへ * by レナ
コメントありがとうございます

初めてのこともたくさんありましたが、全てとっても良かったです(*^_^*)
是非お試しを!笑

いいですね * by 亮
こんにちは。

温泉旅行っていいですね。
拝読してホノボノした感じが伝わってきます。
私も温泉旅行に行くと日常とは違う雰囲気を楽しいながら
調教プレイを楽しみます。

ブルーの下着も素敵ですよ。
またのUPを楽しみにしています。

Re: 亮さんへ * by レナ
コメントありがとうございます

場所が変わるといつもと違う気分で過ごせて楽しかったです。
たまにはいいものですね(^-^)

個別記事の管理2014-12-02 (Tue)
たくさんイッて朦朧としたままご奉仕し、気がつけば1時間経っていました。
つけっぱなしの洗濯バサミが胸に合わせて揺れる度にレナは小さく悲鳴をあげ、涙目になりながらもどこか気持ちいいと思ってしまうのです。

と、ここでお食事の時間が迫ってきたので残りはお預け…
脱ぎ散らかした服をハンガーにかけて浴衣を着ました。
布が胸に擦れた瞬間痛みが走ったので見てみると、洗濯バサミで長時間挟まれていたせいで腫れています。
オマンコもヒリヒリするのでもしやと思い目をやると、予想通りに赤くぷっくり腫れていて形がくっきりわかるように…
なんだかとてもエッチだなぁ、と一人で赤面しながら浴衣を着てご主人様の元へ。
完全に忘れていたのですが当然ご主人様も浴衣をお召しになっていて、とても脱がせたい衝動にかられました(笑)

それからご飯を食べて各自温泉に入った後、レナが下心いっぱいで予約した貸切風呂に向かいます。
戸を開けると露天のいいお風呂でした。
今まで一緒にお風呂につかることなど1,2回しかなかったのでどうしていいかわからず、とりあえず離れてつかろうとする私にご主人様がおいでと声をかけてくださいました。

あぁ、ご主人様とこうして温泉につかれるなんて夢みたい…とても嬉しいな♪

ほっこりしているとご主人様が後ろからレナの胸を弄ってくださり、先ほどの洗濯バサミで腫れた乳首がとても敏感になっていることに気がつきます。
少し擦れるだけで声がでてしまい、お湯のちゃぷちゃぷという音とレナの声が響き少し恥ずかしい…

そしてもちろん温泉でもご奉仕
下を向いて舐めていると顔がお湯につかって苦しかったので、ぷはっ!と顔をあげるとご主人様と目が合います。
レナがニコッとすると同じタイミングで微笑んでくださり、そういった何気ないことが楽しくて嬉しくて好きだなぁ…とご機嫌(´∀`*)ウフフ

その後ご主人様に抱えられていろいろ気持ちいいことをしました。
ですが途中で隣の露天に人が…
まさか壁1枚で隣にも貸切露天があると思っていなかったものですから
うわわわ!声我慢しなきゃヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
と口を押さえて我慢。

それでも少し声が漏れてしまうレナを抱え壁際に移動されるご主人様…
お隣が気になるのはわかりますし、レナは声をあげないようにもう必死です(^^;)笑

夕方たくさんイッて敏感なオマンコに触れてくださるご主人様の手は止まらず、そのままイッてしまいました。
今回の旅行でわかったのですが、レナは人に聞かれるかもしれない。見られるかもしれない。というスリルに興奮してしまうようです。

「レナもしかしてイッたん?イク時は報告しなさいって言った筈やけど」
とご主人様は叱られて焦りながら謝罪するレナを見下ろして
「お仕置きね」
イッたばかりのオマンコを指で強くグリグリされます。

これには我慢もできず
「あぅっ!」
と声を上げてしまい急いで口を塞ぎます。
そしてまたイキそうになり呼吸を乱しながら、小さくご主人様にだけ聞こえる声で
「あっ、イキます…イク、あぁぁっ!」
ぐったりするレナに唾を飲ませてくださり、思わず
「ご主人様ぁ…」
とボリューム調節しない声で言ってしまい、今までの苦労はなんだったのか…と笑えてきました(笑)

お湯の中で2回もイクとさすがにのぼせて茹でだこ状態。
倒れる前に上がり水分補給をしてまた温泉に…
ご主人様の背中にお湯をかけたりしながらのんびりつかり、時間が来たので服を着てフロントに鍵を返して部屋に戻りました。

旅行でテンションが上がっているからか、アイス食べたいなぁ~などと普段よりよく喋ります。
ふんふーん♪と呑気に鼻歌まで歌い出すレナは、この後に調教時間だということを完全に忘れていました…


つづく


浴衣姿を一枚
ブログ用は撮り忘れです(^^;)


* Category : ご主人様とのお時間
* Comment : (7) * Trackback : (0) * |

* by 山P
レナさん、こんにちは♪温泉いいですねぇ~♪(o^O^o)俺もレナさんと一緒に入りたいなぁ~(///ω///)♪レナさんと混浴セックスなんていいですよね♪(///ω///)♪

Re: 山Pさんへ * by レナ
いつもありがとうございます
温泉最高です♪
指だけで大変だったのにそんなことしたらもっと大変な事になります(笑)

* by ひで
下心たっぷりの貸切風呂はとても楽しめたようですね^^  自然とこぼれる鼻歌が可愛らしいと思いました

御挨拶 * by グレース
実は私、麗奈という女の子を調教中です。
奴隷という訳ではないのですが、
これからSMプレイを仕込んでいきます。
ブログにその記録を載せていますので、
ぜひご覧ください。e-466

可愛らしい * by 亮
こんにちは。

可愛らしい浴衣姿の画像ですね。
ノーブラでしょうか?(笑)。

最近の温泉は貸し切り露天風呂が結構用意されているので
エロいことをするには最高だなぁ…と思います。
私も先日の温泉旅行では奴隷さんとプレイしましたしね(笑)。

続きも楽しみにしています。

Re: グレースさんへ * by レナ
トラックバックとコメントありがとうございます。
おんなじ名前だとなんだか親近感が湧いちゃいます(*^_^*)
ブログ、喜んでお邪魔させていただきますね!

Re: 亮さんへ * by レナ
コメントありがとうございます

旅館でも下着は一切着けておらずドキドキでした
普段と違って開放的になれますし、露天風呂はもってこいですね(笑)